×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


節約しましょ!得しましょ!.com

 


家計分析 専門用語集

家計分析では、簿記や会計の専門的な用語が出てきます。
できるだけわかりやすく、ご紹介して行くようにはしていますが、
どうしても専門用語を使わないと、説明できない部分もたくさんあります。
ほとんどの用語には、最初に出てきた時にこの用語集へのリンクをしていますが、読み進めて行くうちに用語の意味がわからなくなった時には、
この用語集でご確認してみて下さい。

(五十音順)

貸方 複式簿記で勘定口座の右側、貸借対照表・損益計算書の右側をいう。資産の減少、負債・資本の増加、収益の発生を記入する。
借方 複式簿記で勘定口座の左側、貸借対照表・損益計算書の左側をいう。資産の増加、負債・資本の減少、費用の発生を記入する。
決算報告書
企業会計で、一会計期間の経営成績と期末の財政状態とを明らかにする為に行う手続きをまとめた報告書。
減価償却 使用又は、時の経過等によって生じる固定資産の価値の減少分を耐用年数に割り当て、費用として配分する会計上の処理。
現金主義 実際の現金の動き、収支を根拠として、費用及び収益を認識し、計上する事。⇔発生主義
固定費 一定の生産能力のもとで、操業度の変動にかかわりなく一定期間における総額が変化しない費用。⇔変動費
財務諸表 一会計期間の経営成績及び期末時点の財政状態等を報告する為に作成する書類。貸借対照表・損益計算書・利益金処分計算書・附属明細表等がある。
資産 金銭・土地・建物・債権等の財産。
資本 資産総額から負債総額を差し引いた純資産。自己資本。
収益 事業等によって利益を得る事。又、その利益。
損益計算書
(P/L)
一会計期間の経営成績を明らかにする為に作成される計算書。会計期間中のすべての収益とこれに対応するすべての費用を記載し、それらの差額として当期純損益を表示する。 
損益分岐点 収益と費用が等しくなって、損益がゼロになる売上高。売上高がこの点以下では損失が生じ、それ以上になると利益が生じる。
損失 損をして失う事。特に、財産や利益などを失う事。⇔利益
貸借対照表
(B/S)
期末時点の企業の財政状態を明らかにする為に作成される計算書。すべての資産・負債・資本の有高を記載し、一覧できるように表示したもの。 
発生主義 発生した事実を根拠として、費用及び収益を認識し計上する事。⇔現金主義
費用 ある事をするのに必要な金銭。また、ある事のために金銭を使うこと。企業が収益を挙げるために費やした金銭。
負債 借入金、借金、債務等の返済の義務を負うもの。
変動費 一定の生産能力のもとで、操業度の変動に応じて一定期間における総額が増減する費用。⇔固定費
利益 事業などをして得るもうけ。利潤。⇔損失









ページTOPへ